引越し タンス 運び方

引越し時のタンスの運び方は??

【知らないと困る】引越しの時、タンスの運び方で気を付けること!お勧めの引越しの一括見積もりサービスはコチラ

 

小さいタンスであれば、引越し業者に頼まなくても自力で運べるのでは?と考える人も多いでしょう。
小さいタンスやチェストであれば素人でも無理なく運ぶことができますが、
大型のタンスの場合は引越し業者に依頼するのが無難です。
今回は引越しの際のタンスの運び方について考えてみましょう。

 

タンスの中身は引越しの際どうするべきなの??

引越しの際にタンスの中身はどうすればよいのか気になりますよね。
タンスの中に洋服を入れている人が多いでしょう。
洋服や布製品などを入れている場合は、中身は入れたままでもOKですと
引越し業者に言われるケースが多いです。

 

一方本やCD、DVDなどの重いものが入っている場合、
運搬する時に大変なので中身をそのまま入れて運ぶことはできません。
洋服や和服、布製品においても1つ1つは非常に軽いものでも、
タンスに詰め込んでいる場合意外と重量が重くなってしまうこともあります。
重くなりすぎると作業員の負担にもなりますので、その場合には荷物を取り出しておきましょう。

 

タンスの中身を出すかどうかは引越し業者によって異なります。
訪問見積もり査定をしてもらう際に、実際にタンスの大きさや重さをチェックしてもらい、
中身をどうするべきなのかをきちんと確認しておく必要があるでしょう。
中身をいれたままの引越しであれば、
引越しをしてもらう側からすれば荷造りが非常に楽なのでメリットが大きいです。

 

しかし中身が入った状態だと運びづらくなってしまうこともあるのです。
タンスはある程度の大きさがある場合は、階段や廊下、玄関、ドア、エレベーターなどで
タンスを横に倒したり、立てたりしなければ運ぶことができません。
そのため中身が一方向によってしまったり、
ぐちゃぐちゃになってしまったりすることもあるのでその点は注意しておきたいですね。

 

タンスの中身は出して運搬した方が傷むリスクは小さい

タンスを引越しで運搬する際に、中身を出して運搬した方がタンス自体の傷むリスクも小さくなります。
しかし最近の引越し業者ではなるべくユーザーに負担をかけないように、
梱包材料や梱包技術が向上したため、タンスの中身を入れたままでも
引越しできますよといってくれる引越し業者が急増しています。

特に大手引越し業者のほとんどがタンスの中身を入れたままでの輸送を行ってくれます。

タンスの引き出しが開きそうなものにはテープなどで開かないように閉じることもあるでしょう。
またタンスを運搬する際には、タンスに傷がつかないように毛布などでくるんで運ぶのが一般的になっています。

押し入れタンスなどは特にサイズも小さく、中身が洋服で軽い場合、
作業員1人でも楽々運ぶことができます。
しかし服意外に、本やCD、おもちゃなどが入っている場合は中身を取り出しておくようにします。
またキャスター付きのタンスは、引越しの運搬の際に振動や衝撃によって
破損してしまうことが多いです。

キャスターは外しておいておいた方が無難ですよ。

 

【知らないと困る】引越しの時、タンスの運び方で気を付けること!お勧めの引越しの一括見積もりサービスはコチラ

 

桐タンスは非常にデリケートなので扱いには十分に注意しよう

引越しの際にタンスを運ぶ時に気になるのがタンスを傷めてしまわないか?ということでしょう。
雑な運び方をしているとうっかりタンスが壊れたり、
傷をつけたりしてしまうこともあるかもしれません。
特にタンスの中でも桐タンスは非常にデリケートなので素人が運ぶのは危険です。
桐タンスは通常のタンスに比べて非常に軽いので、簡単に運べると勘違いしてしまいがちなのですが、
非常にデリケートな素材なので取り扱いは慎重に行わなければなりません。
桐タンスには着物を入れる人が多いので、持っている人も少なくありません。

 

しかし桐タンスはちょっとぶつけてしまっただけでもすぐに凹んでしまいます。
また汚い手で触ってしまうと、綺麗なタンスだったのにすぐに黒ずんでしまうこともあるでしょう。
桐ダンスの引越しは自力で行うよりもタンス専門の運搬業者か引越し業者にお任せした方が無難でしょう。

 

婚礼タンスや大型タンスは分解して運搬する方法もある

婚礼タンスや大型タンスは、押し入れタンスとは違い非常に大きく、重量もあります。
そのため玄関から運搬できないケースも多く、分解できるものは分解して運搬する運び方もあります。
分解もできるかどうかをきちんと確認した上で行わなければいけませんし、
分解できないものはクレーンなどを使って運びだすこともあるでしょう。
また大型のタンスは非常に重たいので、無理に運ぶと壁や床などを傷つけてしまったり、
運んでいる最中に作業員が怪我をしてしまうケースがあったりするので慎重に行わなければなりません。

 

タンスがいらない場合はどうしたらよい?

引越しを機に今まで使っていたタンスがいらなくなるケースもあるでしょう。
もしも新居でタンスがいらない場合は、引越し前に処分するのが一番効率的なのです。
リサイクルショップなどで買い取ってもらえるものであれば問題ありませんが、
売れない場合には廃棄処分する必要があります。

引越し業者によっては不要品を処分してくれたり、
買い取ってくれたりすることもあるので一度確認してみるとよいでしょう。

 

引越しの時、タンスの運び方で気を付けること! お勧めの引越し一括見積もりサービスランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのあるLIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。