タンス 移動

引越し時のタンスの移動について

【知らないと困る】タンスの移動だけしてくれる引越し業者ってある?お勧めの引越しの一括見積もりサービスはコチラ

 

タンスは家具の中でも大きいので引越しの際はどうやって移動させようと考える人も多いでしょう。
また引越し業者に頼らずに自力で引越しをしようと考えている場合、
タンスがあると運べるか不安になってしまうこともあるでしょう。
タンスなどの大型家具だけタンス運搬専門の業者に移動してもらうケースもあるほどです。
今回は引越しに関わるタンスの移動について考えていきましょう。

 

タンスを単品で移動してもらう際の引越し料金の相場はどれくらいになる?

タンスを自力で移動させるのは無理だけれど、
他の荷物は自力で運んで引越しの費用を安く済ませるという人は意外と多いです。
タンスだけの移動、運搬というのは可能なのでしょうか?
もちろん引越し業者やタンス運搬専門業者では1つのタンスの移動から請け負ってくれます。
一般的に幅90センチ、高さ100センチのタンスであれば
7000円〜10000円が相場と言われています。

またそれよりも高さがある幅90センチ、高さ200センチの場合は、
10000円〜25000円程度が費用相場になるでしょう。

この費用は移動距離が長ければ長いほど料金は高くなります。

 

タンスを移動させる時、タンスの中身はどうしたらよいの??

引越しの荷造りで意外と面倒なのが衣類です。
シワになったら嫌な洋服もありますし、カサのある素材の服の場合、
ダンボールの数が増えてしまいます。
ちょっと高価な服の場合、ダンボールでぐちゃぐちゃになってしまうのが
嫌に感じる人もいるでしょう。
また衣装ケースやタンスの中に入っている服を全部ダンボールに移すという行為は意外と面倒なものです。

 

しかし最近の引越し業者ではタンスの中身がはいったまま移動させてくれるところも増えてきているのです。

もちろん洋服タンスのサイズや大きさ、形状によって無理な場合もありますが、
大手引越し業者はほとんど洋服が中に入った状態のタンスの移動に対応してくれるのです。
またクローゼットと引出しが一体型になったものだと、
引出し部分のものはダンボールに詰めなければいけませんが、
クローゼットの中身はそのままの状態でも移動できるという場合もありますよ。
クローゼットやタンスの移動に関しては、引越し業者によって対応も費用もバラバラですので
事前に相談してみるのがおすすめです。

 

【知らないと困る】タンスの移動だけしてくれる引越し業者ってある?お勧めの引越しの一括見積もりサービスはコチラ

 

タンスの中身が入っていても移動の際に運搬してもらえるものは?

中身が入っていてもそのまま引越しの際に運搬してもらえるタンスもあります。
ではどのようなタンスであれば中身が入っていたままでもOKなのでしょうか?

小型のタンス

まずは小型のタンスです。
サイズが頭より高いものでは重いため、中身を出さなくてはいけないケースも多いのですが、
腰までの高さのものであれば作業員も2人程度で運ぶことができます。
これくらいの大きさのタンスであれば中身が入っていた状態だとしても
無理なく移動させることができるでしょう。

 

クローゼット一体型のタンス

またクローゼット一体型の洋服ダンスも中身が入った状態で運搬がOKなケースが多いです。
クローゼットと引出しが一緒になっているタイプのタンスは、分解ができるものがほとんどです。
そのため多少大型のサイズであったとしてもそのまま残しておいて問題がりません。
またクローゼット部分などは、梱包するよりもそのまま移動させた方が、
業者としては楽なケースも多いです。

 

中身を出さないと移動できないタンスは?

逆に中身を出さなければ移動させることができないタンスもあります。

大型のタンス

それが大型のタンスです。
頭上よりも大きいもの、胸の高さよりも高いタンスは一般的に大型サイズと言われています。
これらの大型の洋服タンスはタンス自体の大きさが重く、
それにプラスして洋服の重さが加わるとかなりの重量になってしまいます。
中身を出さないと運んでもらえないことが多いです。

 

和ダンス

また和ダンスの一体型のものも、中身を出さなければ移動、運搬できない業者が多いでしょう。
和ダンスは基本的に分解がしにくいものが多いです。
分解ができないと重量があるので中身のものは一度出してしまうことになるかもしれません。
また和ダンスなどはタンスを丸ごと一体型で作っているので分解しにくい構造になっています。
和ダンスは洋ダンスに比べて傷などに損傷を受けやすく、
ちょっとぶつかっただけでも凹んでしまうこともあるのです。
和ダンスは桐などで作られていますが、素材として弱いものが多いので引越し移動の際に、
細心の注意を払う必要があるのです。

特に桐ダンスは運搬に気を使ってしまいます。
そのような繊細なタンスに中身が入っていると、運搬の時にきになりますよね。
また中身入りで運ぶと破損の原因にもなりかねないので中身を出してタンス運搬をしてもらうことになるでしょう。

 

タンスの移動が安い引越し業者を選ぶには?

タンス移動の料金をできるだけ安く抑えたいのであれば、
何百社もの引っ越し業者と提携している引越し見積もり一括請求サイトを利用してみましょう。
一括見積もり請求サイトを利用すると、1回の請求で複数の業者からの見積もりをもらうことができ、
費用の比較がしやすくなりますのでとっても便利です。

 

タンスの移動だけしてくれる引越し業者ってある? お勧めの引越し一括見積もりサービスランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのあるLIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。